2019年2月20日水曜日

SUSコクピ紹介

ずっと前々から導入したかったSUSコクピ、
引っ越しに伴い部屋の環境が整ったので導入しました。
レースシム環境はちょっとずつアップグレードすると
地味にお金がかかるので、最初からベストを目指す方針で設計。

新しく導入したデバイスは詳細レビューを個別に書くとして
今回は全体的にざっくり(...と言いながらかなりのボリューム感で)ご紹介。

●全体感
uk氏を始めとする偉大な先輩方に倣って設計。
基本構造はuk氏とまったく同じディスプレイ一体式です。
つまりパクったとも言える。
高さ1500mm×幅1450mm×奥行き1700mm
右側はディスプレイの下にPCや配線を配置してスペースを使っていますが
左側やシート裏はスカスカなので、さほど圧迫感はない気がします。

私はもっぱらiRacingでGT3車両をプレイするので
以前と同じ左ハンドルスタイル。

キーボードスタンドを左側に配置することで
正面を見たまま、左手キーボード・右手マウスで作業することができます。

ドラポジは愛車のZZTセリカを参考にして微調整し、仕上げました。

●ステアリング - OSW(SimuCUBE + BigMiGE)
考えうるステアリングデバイスの最高峰。

マウント方法を吊り下げ式にして、足を通す空間を確保しました。

木製の机コクピと比べると剛性がケタ違いなので
MMos出力を100%にしてもまったく問題ナシ。
どちらかと言うとドライバーの筋力に問題アリ。

出力を上げたことで常時両手でのハンドル保持が要求され
片手を離してボタンボックスに触れることが困難になってしまいました。

リムは以前から使っていた33φのリムに加え
Fanatec製McLarenリムを改造して使えるようにしました。

●ペダル - RICMOTECH RealGear GTpro1 & Fanatec CSR Elite Pedals
今回の目玉デバイス。油圧ブレーキ+空圧クラッチです。
Twitterのフォロワーさんよりレンタル中。
アクセルペダル踏み込んで背伸びしたらペダル曲がったorz
"ストリートリスペクト"が僕のモットー。
なので吊り下げ式にコダワッています。
(ステアリムもゴテゴテしたのは使いたくなかったんだけど
VR移行に伴い、McLarenリムを使うことに妥協していますorz)

・Aペダル
従来通りFanatec CSREPを吊り下げて使用しています。
GTpro1に付属のAペダルはオルガン式になっており、
取り付けてみたのですが、イマイチ馴染みませんでした。

実車やFanatec純正と比べても、長めのストローク+硬めのバネに変更することで
靴を履いた状態で、より細かなアクセルワークができるよう狙いました。
(まー"慣れ"だとは思いますけどね)

・Bペダル
念願の油圧式。実車で言うと、
エンジンが始動していない=ブースターOFF時の感触によく似ています。
AペダルにCSREPを使用したので、振動モーターも移植しています。

問題は左右中心より右側にBペダルがあり、
かつペダル自体がFanatecと比べると小さいため
左足ブレーキが難しくなってしまった点です。

Bペダルを左に寄せるとAペダルとのバランスが取れず、配置に難儀。
この辺は愛車をかなり参考にして仕上げました。

・Cペダル
Bペダル同様のタンクがありますが、中身は空です。
どうやら空圧センサーを使用しているらしい。詳しくは不明。

バネは通常のコイルバネではなく、
実車クラッチでも使用されている"皿バネ"と言われるものです。
これにより踏み始めは軽く→だんだん重くなり、ある一定ストロークすると
重さが変わらなくなる実車のあの感触を再現しています。

実車でもカックン感のあるものとないものがありますが
これはカックン感のないものにそっくりです。

ストロークも約150mmと長いので、ひざを使わないと踏めません。

なお踏み始めが軽いため、CSREPを使っていた時のように
「基本的に左足はクラッチの上に載せておく」が不可能に。
そのため適当に設置したフットレストが大活躍しています。

●シフター&サイドブレーキ
シフターは前コクピから引き続きFanatec CSSQを使用。
中のキックバネはコチラの記事に書いたとおり自作しています。
(あれから何度か折れては余分に作った予備に交換した。
消耗品と割り切ったほうがよさそう)

Clubsport HandbrakeはCSSQに取り付けて使用。
付属の部品だけで取り付くようになってます。
ディスプレイとの隙がほとんどありませんが、慣れれば問題なし。
以前はラッチ付の実車サイドもつけてましたが
需要がなくなったのでつけていません。

●シート
BRIDEの高級ブランド『edirb』の"061"
このコクピを組むにあたって、一番こだわって選びました。

シェルの形はBRIDE ZIEGⅢと同じですが、合皮なので汚れに強い。
レース中は大汗かくし、僕のコクピはPC作業場も兼ねるので
飲み物その他で汚れる危険を考え、革のフルバケを探してたどり着きました。

お値段10万円。だけどその価値アリ。

●モニター&VR
モニターは3D Vision2に対応するASUS VG248QEに変更。
そして我慢できず、Oculus Riftも導入。

3D Vision2とVRの使用感についてはまた別で書こうと思います。

●SimVibe
上海問屋のシェイカーを4つ使い、Chassis modeで動かしています。
中華アンプ50W×2で出力は十分。マンション住まいではこれ以上無理。
例によってuk氏の"ディスクふにゃふにゃシステム"で防振しています。

色々試している最中ですが、しっくり来る設定が見つからないでいます。
エンジン振動入れると臨場感UP!が、サス振動が埋もれてしまう葛藤。

●その他
・スイッチボックス
 …ALL自作の力作。VR導入に伴い使用頻度減。
  やる気が出たら制御プログラムのお話を書きます。
・ウィンカーレバー
 …丸ステア使う時は"Pass Right(or Left)"に割り当てると超便利でしたが
  マクラリム導入に伴い、これも使用頻度減。更に接触不良の故障中。
・モニターカバー
 …¥1,000で導入できるコスパ最強アイテム。
  導入してない人はコチラの記事を要チェック。
・4点ハーネス
 …実車用で買ったものを、どうせならと流用できるよう
  アイボルトをSUSフレームにつけています。
・Dash Meter Pro
 …有料アプリですが、とても使いやすいしカッコイイ。
  が、これまたVR導入に伴い使用頻度減。


●オマケ
ペダル上のデッドスペースに30×30のSUSでタイヤラック作りました。
最大8本も置ける超優秀な収納場所に。ただし臭う。

2019年2月12日火曜日

雑記と言い訳

お久しぶりです。
今回の記事も中身はありません。生存報告。
そして長々放置してしまい、ごめんなさい。

特別忙しいわけではなかったのですが
アッチコッチ遊びに行ってて家に引きこもってなかったって、そんな感じです。

Twitterを更新している通り、リアルサーキットに夢中で
毎月のように走って壊して直しての生活が当たり前になってしまいました。
(そのせいで財布の紐はゆるっゆる)

「シムより楽しいのか!?」ってことに関しては、人によるかと。
この辺の話はまた別途書こうかと思います(本当に書くのか!?)

ブログが放置されている間にレースシム界隈もずいぶん変わりましたね。
僕が気にしていたところでいうと
・iRacing…Dirt,時間変化の実装
・AssettoCorsa…各種MODの充実、ACCアーリーアクセス開始
・ProjectCARS2の発売
・DiRT Rally2発表

まぁこの辺は順当な進化と思いますが
一番の変化はVR対応が当たり前になったことですかね。
もうシムのために3画面や3D vision環境を作る意味はないのかなぁと。
かく言う僕もOculusRiftを導入しました。それから、

・FanatecからDirectDrive(通称DD)ハンコンの発表
これで廃エンドの敷居がかなり下がりました。
個人ならOSWでいいじゃんって話なのですが、重要なのは

・モーションキットや設計済みコクピの国内展開(T3R,DORAPOJIなど
これらと組み合わさることで
「企業が」「人件費を含む導入コストを最小限にして」「出来の良い」
シム環境を構築できるようになったことではないでしょうか。
そんなこともあって

・シム屋が増えた気がする(今やディーラーにもシムが置いてある!)
・クルマ系イベントでのシム体験会どこにでもある
今まで地味(?)だったレースシムを世のクルマ好き達に
アピールできるようになったことは大きな変化だと思います。

もともとパイが小さい業界ですからね。レースシムは。
パイを大きくする手段を得たというのは、非常に喜ばしいことです。

VRの普及によって必要となるコクピの大きさも小さくなりましたし、
敷居がグッと下がってレースシム人口が増えるのを祈るばかりです。

以上、チラ裏でした。
次回はちゃんと中身のある記事を書きます(汗)


既に書き溜めてあるので、週1くらいのペースで更新予定です!

2017年12月31日日曜日

近況報告

お久しぶりです。
ずっと更新できず申し訳ございませんm(_ _)m

今回の記事、特に中身はないです。生存報告。

一応、元気に生きてます。
Twitterには投稿していましたが、結局ブログ記事にできず...ハイ。

ブログの更新が止まっている間、色々ありました。
ホント、色々。個人的には激動の2017年でした。

"色々"のほんの一部をご紹介↓

●念願のSUSコクピ導入
ほぼ完成形で理想形。
夏前~秋まで、ずっとコイツを少しずつ組み立ててました。
3D環境、SimVibe×4、油圧ペダル...等々、やりたいこと一通り詰め込みました。

それぞれ紹介できるよう、頑張って記事書きます(汗)

●初マイカー購入
田舎に引越すことになり購入。クルマないとコンビニさえ行けない。
今度はリアルのお話。人生初マイカーです。
『トヨタ ZZT231 セリカ TRD Sports M』
ゲーム(Forza4)での愛車がリアル愛車になるとは。
もうただのゲーム好きとは言わせません(笑)

先日サーキットデビューしました。しかも、既に2回行った。
既にいくつか弄ってありますが、これからもエンジニアらしく
なるべく自分で弄っていくつもりです。

こっちの奮闘記はみんカラにでも投稿しようかなと思ってます。

-------------------------------------------------------

SUSコクピ導入とクルマ購入をいっぺんにやったものだから
まーふつうにタスクオーバーで頭パンク。

しかも私事で恐縮ですが
同時に長期出張と、それに伴う引越し・移動が4,5回くらい。
3ヶ月以上同じ場所にいた記憶がない。さらに年明け早々また引越し。

もうしばらく(春過ぎまでかな)レースシムはお預けの予定ですが
まったり記事の更新をお待ち頂けたら幸いです。

それでは良いお年を。

2017年3月10日金曜日

CSS SQのバネを自作する

前回の続き。

輪ゴムで応急処置したはいいものの、
実際に使ってみると感触が軽すぎて楽しくない。

で、思いつきでググったらバネ自作できそうだったので早速実行。
作るのは"キックバネ"、"トーションバネ"、"ねじりバネ"などと呼ばれるバネ。

参考にしたのは下のサイトです。

FrostyDesign ねじりバネの巻き方
http://frostyorange.blog.shinobi.jp/Entry/20/

東海バネ
http://www.tokaibane.com/tech

材料はピアノ線です。太さは純正と同じ2mm。
通販なら¥1000弱で買えます。

シフター内のバネ先端をひっかける部分が2mmなので
これ以上太いものだと組み付きません。

バネを自作するなんて初めての経験ですし
何度も作り直すことを想定して長さ500mmを用意。
これなら1本で2個のバネを作れます。
木板は適当な廃材から拝借。
治具は参考サイトから以下2点を変更しました。
・巻き付ける軸近くに材料固定の木ねじを1本追加。
 →巻き付け後、腕がまっすぐ仕上がる。
・巻き付ける軸をボルトにする。
 →ナットを追加して上下にズレないよう固定できる。

ボルトはM8を使うと内径がピッタリの大きさに仕上がります。

巻いてる途中、板が折れた。
この状態でとりあえず巻く作業は終了。15分ほどで巻き終わります。
あとは純正と同じような形になるよう腕を曲げていくだけ…が大仕事!
ニッパーだけで曲げるのは骨が折れる。

U字のまま使うと、バネを広げる方向で使うことになり
これはキックバネの使用方法として正しくないみたいです。

難しい点は腕の長さの許容誤差が±1mm程度しかないことです。
長すぎても短すぎても上手く組み付きません。

太さ2mmだとニッパーで切って調整するのも難しいので
0.5~1mmほど長く作っておいて、ヤスリで調整しました。
最終的には5回作り直しました。
純正は3巻きですが、少し感触が軽かったので2巻きに。

純正よりもほんの少し重くなった気がします。
満足満足。

2017年3月2日木曜日

CSS SQのシーケンシャルが壊れた時の対処法

Fanatec Clubsport Shifter SQが壊れました。
シーケンシャルモード時にレバーが元の位置に戻らない状態。
(Hパターンモードは問題なし)

早速分解して確認すると、中でキックバネが折れていました。
応急処置として、どこにでもある輪ゴムで対処することに成功。

以下修理方法です。

※分解は自己責任でお願いします。

●用意するもの
・輪ゴム 4~10個。
・六角レンチ(4mm, 3mm, 2.5mm) 各1本ずつ。
・プラスドライバー 1本。
・大きめのマイナスドライバー 1本。
・グリス(なくても大丈夫ですが、使用を推奨)

●分解方法
①上面のボルト(3mmの六角レンチを使用)を4つ全て外します。
※注意点
これはFanatec製品全般に言えることなのですが
ほぼ全てのボルトにゆるみ止め接着剤が使用されており
ボルトを回す際、非常に大きな力が必要となります。
くれぐれも六角がなめないよう、注意してください。


②レバーを持ちシフター上部を取り外し(慎重に行うこと!)
  配線の根本のコネクタを引っこ抜きます。
  配線は短いため、引っ張らないよう注意が必要です。

③下面のボルト(2.5mmの六角レンチを使用)を4つ外します。
  このとき外すボルトは、一番外側の樹脂部品のものではなく
  その内側のボルトとなります(要下写真参照)。

④側面カバーを外します。
  これで下部の部品がむき出しになったハズです。


⑤写真のボルト(4mmと2.5mmの六角レンチを使用)を3つ外し、
  Hパターンのプレートを取り外します。
  写真奥に見える黒い線が折れたキックバネです。
 
⑥写真のボルト(2.5mmの六角レンチを使用)を外します。
  これでキックバネが取り出せるようになったハズです。
  また右側のプラスねじも両方外し、】←こんな形の部品も取り外します。
 
⑦先ほど外したプラスねじと、キックバネを止めていた部品を元に戻します。
  このねじに輪ゴムを引っかけることになるので
  高さに多少の余裕を持たせてください。


●輪ゴムの取り付け方
完成形は上写真の通りですが、輪ゴムの引っかけ方に少しコツが必要です。
輪ゴムは3重にして使用するので、指だけで頑張るのは無理ですw

詳しくは下動画をご参照ください。

https://www.youtube.com/watch?v=f1TdJLcdNYY&t=7s

なお作業後は下部・側面・上部をブロックのように重ねて
動作テストをしつつ、輪ゴムの数を調整してください。
(私はシフトアップ側3個、ダウン側2個で動作しました)

動作テストはボルトを仮止めしなくても大丈夫です。
手で押さえながら、レバーをガコガコ動かしてみてください。

問題なければ各部にグリスを塗り、バラした逆順に組みなおして完了です。

なお純正でベッタリくっついていたグリスの役割は
HとIの変換レバーをスムーズに動かすということと
キックバネが引っかかったりしないように、と推測できます。

なので最悪塗ってなくても動作には問題ありません。
各部が摩耗したりして、寿命は縮みそうですが。


●補足
今回壊れてしまったキックバネは、Hシフト時に
一切の負荷がかからない仕組みになっています。
なので不必要なときはHシフトモードにしておくことをお勧めします。

一応使えるようになったとは言え、
気持ち悪いくらい感触が軽いので、まだまだ修理は終わりません。
次回に続く... →次回


-おまけ-
注意を怠ってボルトがなめるとどうなるか。写真左上に注目。
→フライスでボルトごと削り取りました(これが一番大変だった)